海外留学!お金の持っていき方

留学準備
スポンサーリンク

結論から話すと私は「現金+クレジットカード+デビットカード+プリペイドカード」で持って行きました!

スポンサーリンク

日本から持っていった現金

日本円 1000円くらい
ポンド 5000円くらい
めっちゃ少なくてお恥ずかしいのですが。笑
日本円はそもそも行きと帰りだけで、Suicaで電車にも乗れるのでそんなに必要ないかなと。何かあった時はカードで対応する予定でした。不安な方はもう少し多めに持っていってください。笑
ポンドも、現地の空港からステイ先にたどり着ければひとまずOKだったので、最低限だけ両替して行きました。日本で両替すると高いので、多くても1万円くらいで十分だと思います!
スポンサーリンク

留学生活で使用したクレジットカード

クレジットカードはmasterとvisaで1枚ずつ作って持っておけば間違いないです。
(JCBとアメリカンエキスプレスは使えたり使えなかったりするそうなので)

楽天カード

日本で普段から愛用していたので持って行ったという理由なのですが。笑
審査も通りやすく、年会費無料、旅行に関わる支払いをカードですれば海外旅行保険が3ヶ月付いてきます。
楽天ポイントも本当に貯まりやすいので、留学終わった後も使い勝手がいいです。

留学中は予備カードとして、財布ではないところに入れていました。クレジットカードは分散させて持っておいたほうが良いと思います。
もし財布が盗まれても奥の手が使えるように!

楽天カード

EPOSカード

旅行が好きな方なら所持率の高いカードだと思います。
年会費無料のカードの中で、保険が自動付帯されている貴重なカードです!しかも、その保証範囲も無料カードの中で最大。
持っているだけで、何かあった時の保障してくれるので、おすすめです。このカードを使って、3ヶ月以内の旅行で無保険で旅する方もいるみたいですね。

私も日本にいる間は全く使わないのですが、海外に行く時用として作りました。若干ですが、マイルも貯まるので。

エポスカード

ちなみに、もしマイルを貯めたい方でしたら、ANAカードかJALカードの作成もおすすめします!
私は退職後に作り忘れていたこと思い出して、後悔しています。。
もし作れるなら、メインカードとして使いたいな〜
JALカード
ANAカード
スポンサーリンク

留学生活で役に立ったデビットカード

実は、留学中にクレジットカードはあまり使用しませんでした。
もしもの時に保障されること、マイルやポイントが貯まることが最大の魅力ですが、請求が1ヶ月以降、、お金の管理ができないのが一番ネックだったので、普段使い用に、アプリでリアルタイムで管理ができるデビットカードを作りました。

Sonybank wallet

ソニーバンクウォレットは、国内でも海外でもVISA加盟店で使用できるデビットカードでとてもおすすめです。

メリット

・国内他口座への送金も月に数回無料でできます!(ステージによって回数変わります。)

・ソニー銀行のレートは、他のクレジットカード、プリペイドカードのレートに比べて良いです。とにかくお金最小限に抑えたい方にはおすすめです。

・レートの良いときにまとめてオンライン上で換金できる。外貨口座に残高が無くなっても、自動でその時のレートで日本円から換金してくれる機能があるので、レジで「外貨が足りなくてカード使えない!」って焦ることがない。

・アプリが使いやすい上、リアルタイムにお金が管理できる。

 

デメリット

・特にポイントが貯まらないこと。

・もし不正利用された際に保障されないこと。(ただ、使用限度額を1日、1ヶ月と設定できるので、最低限度にしておけば、もし不正利用されても最小の被害で済むので、そんなに心配しなくて大丈夫だと思います。)

日本でも海外でもフルで使えるこのカードは、カード選びに迷ってる方におすすめです!
興味のある方は、以下の現在開催中のキャンペーン画面から行ってもらうとお得です。

ソニーバンクウォレット

スポンサーリンク

念のために持っておいたプリペイドカード

マネパカード

マネパカードは、国内でも海外でもMaster加盟店で使用できるプリペイドカードです。デビットカードと同じく、口座に入れた金額だけ即時引き落としです。

 

メリット

・クレジットカードよりもレートが良いこと。
マネパカードのレートは安いと言われていますが、デビットカードとして使うなら、実はソニーバンクの方が安いです。
ただ、現地ATMで引き出す時の手数料は、ソニーバンクだと1回+金額の1.75%に対し、マネパカードだと1回+£1.5なので、金額によってはマネパカードで引き下ろした方がお得です。

・サイトですぐにお金の管理ができること

 

デメリット

・ポイント制度なし

・カードを使用できるまでの工程が多いこと。「マネパカード専用口座に入金して、アプリ上で換金して、カードにチャージする」という3工程を踏まないとカードが使えません。

・不正利用された時に保証がないこと。(これも使用限度額を設定して防止はできます)

 

クレジットカードよりもレートが良いことは確かなので、もしソニーバンクウォレットが盗まれた時の予備カードとして用意しました。(これも財布以外の場所に保管)
ソニー銀行サイトから事前にマネパカードの専用口座を登録しておけば、現地でソニーバンクウォレットが盗まれた後も、ネットバンクでマネパカードの口座にお金を送金できます。(国内口座なので送金無料です!)

年会費も無料なので、持ってても損はないですが、メリットをあまり感じられなかったので、あえてのおすすめはしません。笑

スポンサーリンク

イギリスで使える人気のデビットカード

もし、イギリス現地で口座を作ろうとしている方にはこちらのカードをおすすめします^^
情報通の韓国人の友達が使ってて、ゴリ押ししてくれました。

Monzoカード

最近急激に成長しているらしいMonzoカード!メリットは、、

・コンタクトレス!

・現地でのカード使用手数料無料!もちろんATM引き落としも!

・全てネット完結。アプリ管理で楽

という、イギリスに長期で住む方にはぜひおすすめしたい素晴らしいデビットカードです!
私は短期だったので作れませんでしたが、ワーホリなどで来るときは絶対作りたい!その時はまた詳しくレビュー書きます^^
良いなーコンタクトレス。スマートに会計しちゃってかっこいい!

スポンサーリンク

お金の持って行きかたまとめ

今回の私の留学では、お金の管理のしやすさ、レートの良さに比重を置きました。

普段は、ソニーバンクウォレットをメインに使用し、大きな買い物やホテルの予約とか、把握しやすいまとまった金額の時にはEPOSカードを使用していました。
現金は、必要な時に1万円ずつくらいデビットカードから下ろしていました。
マネパカードと楽天カードは予備なのでほとんど使っていません。

マイルを貯めることに比重を置く方でしたら、ANAやJALカードを普段使いにしたり、マイルの貯まるデビットカードもあります(レートは少し悪くなりますが)

 

皆さんはどんなお金の持って行き方をしているのでしょうか。
おすすめありましたら教えてください!

私もより良い方法をこれからも模索します〜

留学準備
スポンサーリンク
shokoをフォローする
セイヨウカブレ

コメント