ロンドンでのシェアフラットの借り方🇬🇧

留学準備
スポンサーリンク

海外での家探し、何もかもが初めてで不安ですよね!

私も最初は恐怖でしたが、なんとか見つけることができたので誰でも大丈夫!

ちょっとしたコツをお教えします^^

スポンサーリンク

そもそも外国でどうやって引っ越しするの?

海外に行った人たちって結構みんな頻繁に引っ越ししていませんか?

引っ越しって日本では結構大ごとで、すごい金額が飛んで行きますよね。。なんでそんなに頻繁にできるのか、、全然想像がつきませんでした。

実際に来てみると、シェアハウスへの引っ越しはとても手軽にできるものだとわかりました。家具や必要なものは基本的に備わっているところが多いので
「日本から持ってきたスーツケース+1ヶ月分の家賃+デポジット」を用意すれば簡単にできます!(荷物が重い方はUber呼んでる友達も居たり、友達に車出してもらったり)

スポンサーリンク

覚えておくといい用語

council tax カウンシルタックス

カウンシルタックスは住宅用財産にかかるイギリスの地方税で、自治体によるサービス提供の運営に費やされます。(例:警察・消防署の資金、ごみ収集、共用緑地メンテナンス、ユースクラブや介護施設の運営、道路の清掃、公共交通機関の運営など)税金はイングランド、スコットランド、ウェールズ内の地方自治体に納められ、都市や区によってレートは様々です。 引用:ロンドン留学センター
こちらもよく聞く言葉ですが、税金なので必ず払わなければなりません。家賃に含まれていないと、別で支払うことになるので事前に確認しておきましょう!

 

deposit デポジット

預け金のことで、もしも光熱費を延滞した、物を壊した等はこちらから引かれるように、最初に1ヶ月分を支払う家が多いです。
基本的には退去時に戻って来ますが、何もなければ返却してくれるか必ず書面で契約をしておきましょう!口約束では守ってくれないこともあるみたいなので。。

 

notice ノーティス

意味「通知」
最初、なんの?通知??って思っていましたが、退去する際に何日前に知らせるかという意味みたいです。
なので、「1ヶ月前ノーティス」と言われたら退去の1ヶ月前までに大家さんに連絡すれば円満に退去できます!(ここで来週退去する!とかいきなり言い出すと、一気に大家さんと仲が悪くなるので注意したいものです^^;デポジット掛かってますし)

 

bill ビル

電気・ガス・水道・インターネットの光熱費です!インターネット代が別になってる時もあるので確認しておくと良いです!

 

Central heating セントラルヒーティング

ヨーロッパでよく見る壁についてる白いヒーターです!
とても暖かいのですが、冬場一日点けっぱなしにしていると、高いので(私の家で£6/日くらいだった)光熱費別の所は注意が必要です。

スポンサーリンク

治安とエリア

オススメは北と西エリア

日本人が多いのが、北だとGolders Greenで、他のアジア系の人も多そうです。韓国人の友達も住んでました!私は行ったことないのですが、聞いた話では治安も良さそう!

 

西だとEaling辺りも日本人が多いです。駐在員ファミリーなどお金に余裕がある方かな。用事があって頻繁に行っていましたが、ほぼ日本のようです。笑 日本語の通じる病院や薬局、日本食など手に入ります!

 

オススメしないのは東と南

逆に、東にあるHackeny辺りは個人的にあまり好きではなかったです。カウンシルフラットが沢山ある感じ。今は昔よりも安全になっていると思いますが、、
でも東の雰囲気が好きな方もいるので、ここは好みだと思います。

 

南は、危険と言われているブリクストンに住んでいる友人が2人いて遊びにいきましたが、思ってたよりかは大丈夫です。
でも夜はク○リ等でおかしくなってる人がいるみたいなので、夜の一人歩きは避けたほうが良いですね、、

 

私は不動産屋でもなんでもないのですが、よく言われる「北と西は治安も安定していて、東と南は危ない所が多い」と言うのは本当だなと感覚的にも思いました。

なので来たばかりの方は、北か西を中心に選んでみて、あとは内見に行った時に実際にそこまで歩いてみて決めてみてください^^

ああ〜お金があったらノッティングヒルに住みたい。笑

 

交通費はゾーン制なので、基本的に中心から離れるほど家賃も安くなります。
中心に近い所に借りると家賃は高くなりがちですが、学校や職場も中心にある場合、自転車やバスで通えたり、お昼や夜飲みに行く前に家に戻ってご飯を食べることもできる!など考えると、離れた所に住んでるのと変わらなかったり!?
スポンサーリンク

家探しの方法

サイト

Spare room

イギリスで良く使われるサイトだそうです。全て英語なので、日本人とのシェアをしたくない方、他の国の方とシェアしたい方には向いてます。やり取りももちろん英語なので、私は来たばかりの頃は敷居が高すぎて使用できませんでした。笑

gumtree

私は使わなかったのですが、ここもメジャーなサイトのようです。

MixB ←オススメ

日本語で説明文が書かれているため安心感があります。基本的に日本語の読める日本人しか応募しないので、Spareroomよりも狙い目なんじゃないかと思います。たまに英文で書かれていて、英語でやり取りする物件だともっと競争率がなくなるのでオススメです。気に入った物件は即連絡をしましょう!

 

日系エージェントからの広告も混ざっています。
日本語で安心ですが、契約が決まった際に仲介手数料を取られます。予算少なめの方は最初から個人で掲載してる方へ連絡してみてください!

人の紹介

周りの人に「今家を探している!」と言うことは伝えておいた方がいいかもしれません。

私も出て行く時が決まった時は、「家を探してる」と言っていた人にウチどう?って紹介したことあるので^^

スポンサーリンク

連絡をする

さて、良いところが見つかったら次は広告主に連絡をします!

広告主は大家さんかフラットメイトなのかは物件によります。最終的に契約するのはもちろん大家さんです。

電話

基本的には電話でアポイントを取ることが多いと思います。こちらの人は電話の方が好んで使います。やり取りが早いですもんね。
電話をかけると、だいたい内見いつにする?場所どこにする?と言う話になります。
なので空いている日をあらかじめ確認しておきましょう!
mixbに載っている物件で、連絡先が日本人になってる時は結構連絡があるのですが、「電話は大家さん直通で英語でやりとりをお願いします。」と書くと恐ろしいくらい連絡が来なかったです。笑
私もそうですが、日本人電話嫌いな人多いと思います。特に英語ならなおさら、、、でもここは克服するチャンスかも!?

メール

メールで連絡をする場合、必ず入れておいた方がいいのが

 

・性別、年齢
・いつからいつまで入居可能か
・どんな目的でここに来ているのか(学生or仕事、、)
・内見可能日時

 

そしてコツとしては以下を文章に入れると返信率が上がると思います。

 

Japanese
clean&tidy
non-smorker(吸わない人のみ)

大家さんは綺麗に家を使ってくれる人が好きです。
日本人は綺麗好きだと評判はいいと思うので、ここは強調しておきましょう!
スポンサーリンク

契約前に確認すること

私が事前にメールや、内見中に確認しておいたことです。参考にしてみてください!

・家賃に含まれていない金額を確認。トータルでいくらか(カウンシルタックス、光熱費、インターネット)

・最低契約期間

・シャワーの使用時間が決まっているか

・シャワーのお湯は常に出るか

・シャワーの水圧は大丈夫か

・洗濯機の使用頻度に決まりがあるか、別途使用料かかるか

・駅から自宅までの治安

・スーパー等食べ物が買えるお店が徒歩圏内にあるか

・退去時にデポジット返してくれるか(書面契約)

・一緒にシェアする方の性別・人数・(出身国・年齢)

(・夜道の確認。変な人いないか)

スポンサーリンク

私のフラット

生まれて初めて借りるフラット、、、英語力に自信なかった私は「北か西エリアで、日本人の女の子がいること」が条件でした。安全策。笑

 

結局、MixBで見つけました!日本人の子に電話をして、内見の日を決めて、内見したその日に別の部屋も空くとのことで、そちらが気に入り即決めました!

 

WoodGreenと言う北の方の駅で3人シェアで月£520+光熱費別 くらいでした。
こちらの駅付近の治安は私は悪くないと感じたのですが、移民のトルコ人が多く特に良くはないと後で知りました。たまに大丈夫?と聞かれたり(あれ?)

大家さんも元トルコ人で(いや今もトルコ人だけどイギリス長いからイギリス人?)すごく優しくて、安心して借りられました!

 

日本人の女の子とドイツ人男の子と合計3人とのシェアだったのですが、バスルームが二つあって、私は日本人の子と使っていたのでストレスなく居心地が良かったです!バスルームも可愛くて一目惚れでした。
キッチン周りも可愛くてお気に入りだった〜!

 

東京で一人暮らししてるのと変わらない値段でのシェアハウスで、すごく安くはないけど、大きなトラブルもなく、総合的に大満足でした!

 

家探しもタイミングなので、毎日広告を見るようにして、良さそうな所を発見したら、ひたすら連絡です!定型文作っておくといいですね。

 

みなさんも、お気に入りのフラットが見つかってくれると嬉しいです〜!

 

留学準備
スポンサーリンク
shokoをフォローする
セイヨウカブレ

コメント