ドイツ🇩🇪ワーホリビザ申請の仕方

ドイツ
スポンサーリンク

2019年5月に東京のドイツ大使館でワーホリビザの申請してきましたので、申請の仕方をご紹介します!

 

難しくないので、興味のある方はぜひ挑戦してみてください〜!

 

※申請する前には、必ず大使館のHPを確認してくださいね。

スポンサーリンク

ドイツワーホリビザの取り方

2019年現在、ワーキングホリデービザ申請は3ステップです。

①大使館・領事館の予約を取る
→住んでいる地域によって、東京か大阪か分けられます。
少なくとも出発2週間前には予約しておきましょう。
https://japan.diplo.de/ja-ja/service/appointment/899476

②必要書類を準備して、本人が申請する
→下で解説

③ビザが出来たら、直接取りに行くorレターパック510を用意して送ってもらう

 

それでは、必要書類の準備の仕方をご紹介します。

 

※2019/5時点 ドイツ大使館公式HPの画像です

記入済みのWeb版申請書

web申請書のリンクをクリックします。

1.Personal details

family name:苗字

(name at birth:出生時の名前)

first name:名前

date of birth:誕生日

place of birth:出生地

country of birth:出生国

sex:性別

marital status:配偶者の有無

current nationality:現在の国籍

(original nationality:元々の国籍)

Do you wish to exercise your right to freedom of movement?
あなたの権限を移動の自由に行使しますか? すみません。よくわからないので、チェックしませんでしたが大丈夫です。笑

current occupation:現在の職業

 


2, Contact date:連絡の取れる住所

 

street:〇〇区など

house number:番地

other address information:マンション名など

postal code:郵便番号

town:市町村

country:国

(telephoneとe-mailは任意です。)

Is your residence in a country other than that of your current nationality?
現住所は国籍のある国とは違う国ですか?

 


3, documents:パスポート情報

 

type of travel document:旅行券の種類 基本「Ordinary passport」を選択

travel document number:パスポート番号

(national identity number:日本人は記入無し)

date of issue:発行日

valid until:有効期限

issuing state:パスポート発行国

(issued by:発行場所 外務省など)

(issued in:発行した県 Tokyoなど)

Have your fingerprints been collected previously for the purpose of applying for Schengen visa?
シェンゲンビザの申請で以前指紋を採取したことがありますか?

 


4, travel date

 

main purpose(s) of the journey:主な旅の目的 travellingにしました

(other(please specify):その他何か特別な理由)

member State of first entry:シェンゲン協定の中で最初に入国する国

main travel destination(s):主な目的先

number of entries requested:入国数 multiple entriesにしました。

intended date of arrival in the Schengen area:シェンゲンエリアに入る予定日

intended date of departure from the Schengen area:シェンゲンエリアから出国日

Duration of the intended stay or transit(number of days):トランジットや滞在でシェンゲンエリアに予定してる期間。 2桁までしか入力出来ないので(おそらくシェンゲン協定が90日までだから)90日にしました。

Have you been issued with a Schengenvisa within the last three years?
直近3年以内にシェンゲンビザを発行しましたか?

 

「Entry permit for the final country of destination, where applicable」
ここはワーホリの人は関係ないので飛ばします。

 

「Reference」
推薦のことですが、特に政府や企業などにスポンサーになってもらっていない限り、ワーホリはNo reference personです。


 

書き終わったら「continue」を押すと、PDFファイルになります。

印刷すると、写真を貼るところがありますが、貼らなくて大丈夫です。

実は中に直筆サインをする箇所が複数あるので、事前にやっておくといいと思います。

記入済みの長期ビザ申請書と宣誓書

こちらは公式サイトに書き方ガイドがあるので割愛します。

日本語訳版に記入して持っていっても大丈夫でした。

わかるところだけ書きました。滞在予定地もホテルです〜

”写真は貼らないで添付してください”と書いてあるのでパスポート用写真を用意してください。

パスポート用写真1枚

上記の長期ビザ申請書用とパスポート用に別に必要なのかと思いましたが、写真はトータル1枚で大丈夫でした。後で返却されます。

パスポート

有効期限3ヶ月以上あることを確認しましょう。
コピーはカラーコピーにしましたが、大使館に置いてあったコピー機が白黒しか対応していなかったので、おそらく白黒でも問題ないと思います。

 

大使館にあるコピー機は白黒1枚20円するので、できる限り事前にコピーして行きましょう。笑

往復航空券バウチャー

メールなどで送られてきたバウチャーを印刷して持っていけば大丈夫です。

片道でもOK!

保険の証明

ドイツでの全滞在期間有効な旅行者用医療保険(歯科の治療にも適用され、女性の場合は妊娠時にも適用される保険に加入していることを証明するものを提示してください。)
および旅行賠償責任保険
太字の二つの保険に入る必要があります。
私は、ドイツのワーホリと言えばこれ!っというくらい有名になってるCare Concept
に入りました^^
1年間で6万円切りました!安い!(しかも途中で帰国しても少し払い戻しもあり)
こちらのサイトを見ながらだと一人でも申し込みできました。超便利です!!
ここのサイトの下の方にある書類を全て印刷して、持参しました。
何枚か審査官が抜き取っていましたが、どれが必要になるかわからないので、とりあえず全て印刷して持って行きましょう。
あと、保険会社にお金を振り込んだ証明書が必要かなと思って持って行きました(ケアコンセプトだと、お金をまだ送金していない状態でも保険書類が送られてくるため)
後日振込後に送られてきた、Care Conceptからの金額受領メールを印刷して持って行きました。
トランスファーワイズなどで送金した時の証明書でも大丈夫だと思います。

資金の証明

生活費支払い能力の証明(預金通帳および通帳のコピー、または金融機関発行の残高証明書)
1年間滞在する場合には最低2,000ユーロの資金があることを証明しなくてはなりません。片道航空券しかない場合は、この2倍の金額を証明する必要があります。
残高証明書でもいいですが、発行にお金がかかるので通帳と通帳のコピーでいいと思います。
通帳のコピーは、表面(名前がわかるように)・1ページ目・最新のページ の3枚を印刷するように言われました。最新のページは当日に記帳してコピーしました。
資金は片道のチケットしかない場合、€4000口座に入っていればOKです。

意外と簡単なドイツ ワーホリビザ申請

このビザはドイツに居ても申請できますし、他の方のブログを見る限り、他の国でも申請できるようです。

 

ドイツはシェンゲン協定国のため、3ヶ月間観光としてパスポートだけで入国できるので、ドイツ入国後に申請するか迷いましたが、ビザの有効期限を入国した日に遡って設定してしまう審査官もいると聞きました。(審査官次第)
あとは今現在、外人局?の予約が取りにくいです。

 

日本で申請した方が圧倒的に簡単なので、特に事情がない方は日本で申請していくのがおすすめです!

ドイツ
スポンサーリンク
シェアする
shokoをフォローする
セイヨウカブレ

コメント